FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆかり様・ゆゆこ様と行く 弘前市「LivelyParty!!」 (速報版)

先週末のお出かけは青森県の弘前市。

かつて住んでいた街にオールジャンル同人誌即売会「Lively Party!!」が立ち上がる、ということでサークル参加して参りました。

●10月18日(金)
いつもどおりJR西那須野駅から普通列車に乗ってスタート。
141021 001 141021 002

東北本線を北へ進んで郡山まで行き、往路の鉄分はこれにて終了。
141021 003 141021 004

今回は郡山→仙台、仙台→弘前を高速バスで行くことに…
141021 005
郡山→仙台の高速バスは片道2200円だけど2枚綴りの回数券が3400円、仙台→弘前の高速バスは片道5400円だけど往復で8800円…という具合に、JRの往復割引なんざプギャーm9(^Д^)したくなるような割引をしてくれるので今回は高速バスの旅にした。

郡山→仙台は一人旅の人が多く、しゃべる人が居ないのでとっても静か。
141021 006 141021 007

141021 008
仙台に着いてからは弘前行きのバスの時間までに時間があるので
仙台朝市で朝ごはんを食べたり
141021 009 141021 010
メロンブックスで紅楼夢新刊の店頭委託を漁る。
141021 011 141021 012

そんなこんなでちょうどいい時間になって、弘前行きの高速バス・キャッスル号に乗車。
141021 013

朝市で調達した惣菜とおにぎりを食べたり、外を眺めたり、メロンで買った本を読んだりして過ごし
141021 014 141021 015
仙台を出発して4時間ちょっとで弘前バスターミナルに到着。
141021 016

その後は元弘前市民の地の利を活かして、ゆゆこ様をいろんなお店に連れて行ってあげようとしたけれど…
141021 017 141021 018
141021 019 141021 020
かつてお世話になったお店は亡くなっていたり別の店になってしまっていたorz。
一応別な店でごはんは食べたけど失意のままこの日は終了。

●10月19日(日)
弘前公園近くの朝市や土手町のみち銀の近くの朝市でごはんを食べてから、JR弘前駅から徒歩約3,4分のところにある「ヒロロ」という建物に移動。
141021 021
ここの4階の弘前市民文化交流館ホール(広さは秋葉原のメロンブックスの3~4倍くらい)で開催された同人誌即売会「LivelyParty!!」にサークル参加。
141021 022 141021 023
幣サークルにご来場くださったみなさん。ありがとうございました。

【イベントの思い出】
・一般参加の初動は50~80人(50まではちゃんと数えたけどサークルの売り子しながらで後はあやふや)。男女比は3:7くらいで女性が多いが、地方のオールジャンルイベントとしては男性参加者がだいぶ多い方だと思う。年齢層は主観で見て学生が多い←高校や大学が多い街だからなぁ。
・直接参加サークル数は50~60サークル。ジャンルは特にこれが多いといえるものはないが、ハイキューや鬼灯など女性受けするマンガ/アニメのFCや作風が優勢。男性向けだと東方が4サークル、艦これが2~3サークルという具合。
・即売会とコスプレの他にはイラストコンテストがあり、入賞者には画材やインスタント食品詰め合わせや地元の印刷会社の割引券など製作を助けてくれるアイテムが贈られていた。投票者にも抽選がありハーゲンダッツミニカップギフト券が景品だったが、カイト兄さんのコスプレをした人が当たっていた。…さすがだ。
・このイベント…入場するのに敷居が高いというかガードが堅いというべきか...サークル参加は高校生以上(中学生以下は売り子も禁止)、小学生以下は一般入場も禁止(保護者同伴でもNG)、初入場時に参加規約(B5の用紙に色々書いてる)への同意署名の提出と身分証明書の提示が必要、という具合に小さい子供やちょっと興味がある程度では入場できないようになっていた。
141021 024

141021 025
そんなこんなで薄い本を売ったり買ったりしたり、サークルに来てくれた人からゆゆこ様向けのお店を教えてもらってイベントを楽しんだのでありました。


そしてイベントの後は、かつて散々お世話になった さとう惣菜へ…
14102100a.jpg
残念ながら店は人大杉で、食事はできないがお弁当なら出せる、ということで数年ぶりに鳥カツ特大弁当を調達。
141021 026
相変わらずごはんの盛りがおかしい。

…そんな弘前遠征でありました。帰り道は来た時と同じ経路なので省略。

糸冬
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鶏のまさ

Author:鶏のまさ
・サークル「一匹鶏のアトリエ」の主
・サークル「喪男ローランズ」の発起人
・仕事のストレスを妄想や異常行動
 に変換する程度の能力の持ち主

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。