FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はまなすで往きフェリーで帰る 札幌市・東方神居祭5とElysian20

1/27~1/30の話。

この日のお出掛けは前回の予告どおりに北海道札幌市
・東方Projectオンリー同人誌・同人作品展示交流会「東方神居祭5」
・オールジャンル同人誌メインイベント「Elysian20」
でございます。

●金曜日…出発!!急行はまなす初乗車

120130_01.jpg
今回の往路は18きっぷや北海道&東日本パスなどのお得な
企画きっぷが出ていないので昨年11月の京都行きでも使った
周遊きっぷ(今回は札幌近郊ゾーン)を購入して、
那須塩原から新幹線で新青森→ 青森から急行はまなすで札幌
というルートを選択。1月の休日出勤の振替を一遍に使って4連休
(金→月)を作って日程的に余裕を持たせたので飛行機は無しで陸路で
北海道を目指すことにした。


120130_02.jpg 120130_03.jpg
次回予告(前の日記)は西那須野駅から出発の様に作ったけど
那須塩原からスタート。←偏頭痛と胃の痛みが予想以上に長引いて
西那須野発の汽車に乗り遅れ…結局車で那須塩原まで行って予定に
追いつくということになった。あぁ無常…

120130_04.jpg
新幹線で新青森に着いた後は、特急つがるで青森へ…。
強風と大雪でこの汽車特有のオレンジ色の帯が所々白い。
新青森-青森間のみの乗り降りであれば特急券不要で特急に乗れる
という特例があるので特急券を買わずに堂々と乗車。

120130_05.jpg 120130_06.jpg
青森駅では腹ごしらえや食糧調達をしてから急行はまなすに乗車。
今回は「カーペット席」なるものを利用。
これは急行券に指定席料金(510円)を追加するだけで、
人1人が寝転がれるスペース+電気カーペット+簡単な布団
を利用できるというなかなか優れものな席(?)でございました。
下段席だと隣の人との仕切りが 枕元にあるちょっとしたカーテンのみ
というところが少々アレだが、体を横にして眠れるのはありがたい。

120130_07.jpg 120130_08.jpg
そんな感じに札幌到着。土曜日6:07。
朝6時台の到着なので外は未だ暗く、コート無しでは
5分も活動できないような寒さが身に染みる。


●土曜日は札幌観光
・札幌に着いたら先ずは 北へ。というゲームの聖地巡礼。
これはわからない人多数になると思うので(中略)。


・雪ミク電車
札幌にも路面電車が走っているが、その中にミク仕様のものが
混ざっているという情報があったので見に行ってみた。
120130_09.jpg 120130_10.jpg
ホントにミク仕様の外装の汽車がキター(゜∀゜)ー!!
120130_11.jpg 120130_12.jpg
車内は中吊り広告やマナー啓蒙のポスターがボカロ、さらに
車内アナウンスがミクの声の元になってる藤田咲さんボイス
という徹底っぷり…さすが北海道は格が違った。

札幌市内では電車以外にも
120130_13.jpg 120130_14.jpg
スノーボードの広告や
120130_15.jpg 120130_16.jpg
JRの企画きっぷやお土産にもミク仕様のものがあり
さすがミクを生み出した会社がある土地は違うなと感心。


・札幌市のオタショップ巡り。
新しい土地に来たとき恒例のオタショップ巡り。
120130_17.jpg
地下鉄東豊線の大通駅から南に行くと、「となのあな」があり、
さらにその隣には地下1Fが「メロンブックス」・2Fが「アニメイト」・
3Fが「らしんばん」と「リブレット」・4Fがコスプレ用ウィッグの店と
トレーディングカードの店という宇都宮のオタクビルに負けない
オタショップの密集度を呈していた。何故そんなに群れるのか??

120130_18.jpg
とらのあなは、アキバや宇都宮のメロンブックスの1.5~2倍の広さで
扱っているものは商業流通のものや男性向け同人、さらに女性向け同人
が扱われていた…アキバと違って同じ建物の同じフロアに男性向けと
女性向けが詰め込まれているので老若男女様々な人が来ていた。

120130_19.jpg 120130_20.jpg
隣のオタクビルにあるメロンブックスは広さはとらのあなと
同じくらいの広さで、扱っているものは他の土地のメロンと大して
変わらず…札幌はメロンブックス発祥の地だが特別なものは無かった。
らしんばんはコミックトレジャーやコミッククリエイションの新刊を
入荷しているらしい…大阪や東京から遠く離れていてもイベントの
新刊が手に入る便利な世の中になったものだと感心。

120130_21.jpg 120130_22.jpg
1日中札幌観光を楽しんだ後の締めはサッポロビール園で
ビール飲み放題+ジンギスカンウマー(゜∀゜)!!
が、ここでビールを飲みすぎて二日酔いで翌日を迎えることになった。


●日曜日…イベントをはしご
先ずは、ホテルから近い東方神居祭会場でパンフレットを買う
→Elysianに向かう・即売会開始時刻(11:00)はここで迎える
→1時間くらいで東方神居祭へ→2時間くらいしたらElysianに
戻ってくる、という感じにイベントをはしご。

【オールジャンル同人誌メインイベント Elysian20 】
120130_23.jpg
札幌駅から徒歩5分くらいのところにある
アスティ45というビルの4階にあるホールが会場。

・即売会開始直前の時点で一般待機50人くらい、
 男女比は2:8くらいで女性が多い。
・20回開催記念ということで、入場証代わりのパンフレットが
 カラー冊子なのに200円だった。
・参加サークルは150~160くらい、男女比は3:7~2:8くらいで
 一般参加者と同様に女性が多い。ただし、男性参加者が多い
 東方オンリーイベントが同日近所で開催されているせいなのか
 それとも元々このイベントがそういうものなのかは不明。
・「同人誌メインイベント」と銘うってあるだけあって
 ほぼ全てのサークルが何かしら本を出していた。
・ジャンルは色々…特にこのジャンルが強いということは
 感じなかったが、女性が多いだけあって女性好みなもの
 (ジャンプ系、ポケモン、ナマモノなど)が4割~半分くらい、
 後は創作やアニメ・ゲームなどが多め。鉄道旅行情報評論的なのは
 数サークル(2桁はない)、サンホラは1~2サークル(パンフの
 サークルカットだと2サークルくらいありそうだったが1サークル
 しか見かけなかったような気がする)。東方は近所でオンリーイベント
 をやっているだけにそれのみで出しているところは見なかった。
・(同人誌の)表紙コンテスト、サークルカットコンテスト、
 1コマセリフコンテストなど○○コンテストという企画が多かった。
・本を出してるサークルが多数集まっているレベルの高いイベント
 だったけど、男女比の偏りゆえにキモオタ(28)的には少々居ずらさが
 あったかも?いいなと思って読ませてもらった本がアレだったり…  
 東方オンリー同日開催でなければ雰囲気が違うのかなぁ?
 
120130_24.jpg
次は大きなイベントと日程が被らない時に来てみたいですね…


【東方神居祭5】
東方神居祭の会場も札幌駅から数分、
札幌駅を挟んでElysian会場の反対側の所にあった。
ホームページの案内では「テイセンホール」だが行ってみると
120130_25.jpg
「テイセンボウル」…どう見てもボーリング場です、本当に(ry
であったがホントにここが会場。ボーリング場を廊下1つ挟んだところ
に大きな空きスペースがあってそこがイベント会場だった。

・イベント開始20分くらい前にパンフレットを買いに行った時点で
 一般待機が200人くらい。男女比は2:8~1:9で男性が多めだが、
 コスプレ参加者メインと思しき人達の中には女性がちらほら居る。
・13:00頃に来てみると、ざっと見て参加者は500~600人くらい、
 その後も常時それぐらいの人だかりで盛り上がっていた。
・こっちのイベントも入場証代わりのパンフレットがカラー…900円。
・参加サークルは170くらい。北国だからといってチルノやレティが
 目立つようなことは無く、他の東方オンリーと比べてキャラの比率に
 有意差があるようには感じなかった。企業ブースもあり、フィギュア
 で有名なグリフォンや地元の専門学校、何故かタリーズコーヒーが
 出展していた(←北海道限定のサンドイッチを販売していた…県外
 からの参加者を意識しているのだろうか??結構美味かった。)
・全国から人が集まっているようで、サークルや一般参加の人にどこの
 イベントに行っても見かける人がいたり、イベント告知では東京で
 やるゆうかりんオンリーの告知があったりした。
・網走ビールという北海道の地ビールメーカーの協力で
 「チルノの流氷DRAFT」というイベント開催記念ビールを売ってた。
120130_26.jpg
 2本買った…何時飲もうかな??

120130_27.jpg
そんな感じに試される北の大地でもオタクが沢山集まって
イベントが盛り上がっている様を目に焼き付けてきました。

●帰り道
汽車の時間の都合でどっちのイベントも
最後まで居ることはできず、だいぶ残念な気持ちで札幌を後にする。

復路は、汽車で苫小牧→太平洋フェリーで仙台
→バスで郡山→汽車で那須塩原まで…という経路に。

120130_28.jpg
太平洋フェリーは現在新しい船の就航記念で28日前までに
ネットで予約すると運賃が50%引きという太っ腹なキャンペーンを
実施中。そういうわけで「周遊きっぷの帰り券は払い戻す」という
若干邪道な手段を使って帰りをフェリーにしてしまった。
120130_29.jpg
※ちなみに、周遊きっぷの帰り券の払い戻しのときはみどりの窓口
ではなく精算所にまわされた。帰り券に書いてある金額から通常の
きっぷと同額の手数料210円を引いた額がその場で現金で戻ってきた。

120130_30.jpg 120130_31.jpg
乗ったのは「いしかり」という名の船で長さが約200m、
人間用のフロアは3階建てという巨大な船でこの日の乗客は約280人。
120130_32.jpg
今回利用したS寝台は横幅はJRのB寝台くらい・高さはB寝台の
上と下のスペースを足したくらいの大きさでテレビとコンセントと
布団付き。これで5700円(50%引き後の値段)というのは 船旅特有の
移動速度がそんなに早くないということが問題なければ相当お得な話。

船の中では寝る以外にも、
120130_33.jpg 120130_34.jpg

120130_35.jpg 120130_36.jpg
レストランで夕食と朝食のバイキングウマー(゜∀゜)!!、
外の景色が見れる大浴場あり、ラウンジショーあり(大きく見ても
6尺×1.5尺くらいのステージなのにピンスポ×2・ムービング×4
・ミラーボール×1などと凄い設備)、外で景色を眺めるのもおkで
15時間の船旅はあっという間。船という世間から隔離された空間で
久々にすっきりとした気分になって帰ってきたのでありました。
また長い休みが取れたらフェリーに乗りたいなぁ…


【今回の行程メモ】
1月27日(金)
那須塩原(15:35発)
 →[新幹線・やまびこ]→ 仙台(16:48着、17:38発)
 →[新幹線・はやて]→ 新青森(19:28着、20:09発)
 →[特急・つがる ※1]→ 青森(20:15着、夕食など、22:47発 ※2)
 →[急行・はまなす]→

1月28日(土)
 → 札幌(6:07着)
 ・札幌市内観光

1月29日(日)
 ・東方神居祭5 に一般参加
 ・Elysian20 に一般参加
 札幌(15:28発 ※3)
 → 南千歳(16:00着※3、16:09発※4)
 → 苫小牧(16:29着※4)→[徒歩で約5分]→
 → 苫小牧駅前バスターミナル(16:59発)→[路線バス]→
 → 苫小牧フェリーターミナル西港(17:16頃着、19:00発)
 →[太平洋フェリー・いしかり]→ 仙台港(10:00頃着、10:28発)
 →[路線バス]→ 仙台駅北口(11:21着※5、仙台駅周辺で買い物)
 →[徒歩数分]→ 仙台駅前40番バス乗り場※6(12:10発)
 →[高速バス]→ 郡山(14:20頃着※7、15:20発)
 → 黒磯(16:23着、16:35発)→ 那須塩原(16:46着)

※1 青森-新青森駅間の乗り降りであれば乗車券のみで特急可
という特例があるので、特急料金なしで乗車。
※2 定刻は22:42だが、雪で遅れている奥羽本線待ち合わせで
遅れて発車。
※3 定刻は15:25発→15:57着だが雪の影響で汽車が遅れていた。
※4 定刻は16:04発→16:24着だが雪の影響で汽車が遅れていた。
※5 定刻は11:09着だが、渋滞で遅れた。
※6 40番バス乗り場は、駅前から徒歩数分、
  仙台市内を走る路線バス乗り場からは結構離れた所にあった。
※7 定刻は14:10着だが、高速道路が工事で渋滞していたので遅れた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鶏のまさ

Author:鶏のまさ
・サークル「一匹鶏のアトリエ」の主
・サークル「喪男ローランズ」の発起人
・仕事のストレスを妄想や異常行動
 に変換する程度の能力の持ち主

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。