スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知にわとり巡り (2011/8/26~8/29高知 その2)

前の日記の続き…というより補足のようなものです。
高知では同人誌即売会だけでなくニワトリも色々見てきました。

●高知大神宮
高知に着いた翌朝のこと。
ホテルの近くで日曜市というフリマ的なものがあったので
色々と眺めてみたり、売っている寿司や餅を食べながら
歩いていたらどこからともなく「コケコッコー!!」という声が…
日曜市を抜け、まるで空飛ぶ靴がライアンを呼ぶが如き
コケコッコーの声を頼りに細い道を往くと
→私を待っていたのは「高知大神宮」という名の小さな神社。
110831_01.jpg
この神社何か違和感があるな…
( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚) ・・・
110831_02.jpg 110831_03.jpg 
脇に居るのが狛犬じゃなくて狛にわとり?ではないか!!
不思議なことにこの神社は入り口の両脇に一対の狛犬が無く
代わりに雄鶏と雌鳥の像が置いてある神社でした。
とても素晴らしい神社だと感激して
思わずお賽銭+2拝2拍手1拝でお参りしてみて
ふと脇を見ると→本物の鶏も居る!!ピヨピヨも居る!!
110831_04.jpg 110831_05.jpg
コケコッコーが聞こえたんだから本物の鶏が居て当たり前だよな…
いい神社だ!!


●長尾鶏センター
黒潮雑貨の翌日。帰りの飛行機までには時間があったので
高知市はりまや橋から路面電車で20分+徒歩20分の所にある
長尾鶏センターという施設へ行ってみました…
110831_06.jpg
ここでは土佐のオナガドリを飼育していて、
オナガドリそのものだけでなくを飼うための小屋や
剥製などなどを展示していました。入館料は500円。
希望があればオナガドリと一緒に記念撮影も可。
110831_07.jpg
話によるとオナガドリは生まれて1年くらいは自由気ままに
過ごさせて、それから後はしっぽの毛が色んな所にひっかかるので
専用の小屋で飼うことになっているらしいのです。
2歳くらいの子を見せてもらいましたが、既にしっぽが
私の身長よりも長く成長している立派な鶏さんでした。


ってな感じで
今回は高知での活動時間が実質1日半くらいしか無かったので
見て回れたにわとりスポットはこれだけ…
事前にグーグル先生に聞いて把握していた龍河洞珍鳥センターや
プチコッコを生み出した高知県畜産試験場は見に行けませんでしたorz。



また来よう!!
スポンサーサイト

青春18きっぷで往く・高知市「黒潮雑貨」(2011/8/26~8/29高知 その1)

今回のお出掛けは四国!!
高知市の同人誌即売会「黒潮雑貨」でございます。
※雑貨のところはコンビニエンスと読むらしいです。

高知は土佐のオナガドリ、土佐ジロー、プチコッコなどの
多くの日本鶏の産地ということで即売会だけでなく鶏も
追いかけている私としてはずっと前から遠征先に狙ってましてね…
即売会があって、18きっぷが使えて、ムーンライトながらの切符が取れて、
なおかつ帰りの飛行機のスーパー旅割が取れたという条件が遂に揃ったので
ねんがんの高知旅行へと旅立ったのでありました…
110830_01.jpg


●高知への旅路
例によって例の如く仕事で余裕が無くて大慌てで出発しましたが
なんとか無事にムーンライトながらに乗車。
110830_02.jpg
今回は先月と違って
後ろに座っている女性が指定券だけ2席ゲッターで車掌と少々揉める…
前に座っている男性が唐突に射命丸文のフィギュアを窓辺に飾りだす…
隣の男性が終点についても全然動かないので大垣ダッシュに出遅れる…
などのエキセントリックな方々に囲まれて超エキサイティング!!

大垣についた後は先月の⑨州行きと同じ行程で岡山まで
1100830_03.jpg 110830_04.jpg 
そして岡山からは快速マリンライナーに乗り換えて
110830_05.jpg 110830_06.jpg 
瀬戸大橋を超えて四国入り
→昼食休憩を取るためにマリンライナーの終点の高松へ…

1100830_07.jpg 110830_08.jpg
高松ではうどんでは無く武内食堂のかしわバター丼を食べてみる。
うどん以外の香川のB級グルメとグーグル先生に教えてもらったが美味い!!
バターの香り・海苔の風味・辛子明太子が上手い事絡み合って物凄く食が進む
→10分もしないでたいらげてしまった…大盛にすればよかったと後悔。

高松で小腹を満たしたら高知への旅路を再開。
多度津で1両の年季の入った車両に乗り換え
110830_09.jpg 110830_10.jpg 
そこから約5時間かけて高知に到着。
少々どころでなくとっても疲れたのでこの日は
ホテルの近くの居酒屋で夕食をとって即爆睡zzzz....
110830_11.jpg
かつおの刺身が美味かった。
塩原屋の半額シールが貼ってある刺身とは違って臭みが無いので
薬味が無くてもウマー(゜∀゜)---。


●高知市の同人誌即売会「黒潮雑貨」
高知に着いた翌日は、高知駅周辺の様子を見て回ってから
四国では老舗らしい同人誌即売会「黒潮雑貨」に一般参加。

↓主な様子や出来事↓
・開始10分くらい前に到着してみると、一般参加の待機列が
30~60人くらい?(←パンフレットを買った後は暑くて日陰に
即避難したので良く数えていない…)、男女比は2:8~3:7で
女性が多めといったところだが追い出しオーラは感じなかった。
・色んな町にある様な商工会館の3階と4階を使い、
3階にコスプレ広場と休憩所、4階を即売会場にしていた。
各階に冷たいお茶が出るポットと紙コップが置かれていて
高知の暑い気候に参っている私には非常に助かった。
・参加サークルは90~100位、男女比はやや女性が多めで
ジャンルについても体感的に女性向な感じのジャンル・絵柄が
強めかなという印象はあったが、細かく見ていくと特別このジャンルや
この作品の2次が強いということは無かった。
・これまで見てきた即売会と圧倒的に違うのは参加者の年齢層が
高めであるということ。→若い人も結構居たが、明らかに私よりも
年上な方が結構居る。パンフレットに書いてあるサークル参加者の
平均年齢が30.67。私の記憶が正しければガタケットや杜の奇跡でも
パンフレットで年齢層を公開していて私が行ったときの平均年齢は
20代中盤~やや後半だったのでやはり年齢層は高い。
→彼方此方回ってみて20代後半だと即売会の世界では高齢な方かな?
と感じていたのでこの事実は非常に心強い!!まだまだ現役でやって
 いけるぞという希望が湧いてきました!!
・13:00からコスプレ大会(コスプレショー?)なる企画があって
会場のステージを使っての撮影会や、コスプレ以外にもイベントの告知、
替え歌サークルさんの実演など楽しいものであった。
110830_12.jpg

↑な感じで楽しいイベントを過ごし、腹が減ったのでイベント会場から
徒歩7~10分くらいのひろめ市場という市場的な所でお昼ごはん。
110830_13.jpg 110830_14.jpg 
かつおのたたきのわら焼き実演をしているお店のかつおのたたきウマー。
イベントに戻ることを考えてお酒が飲めないのがつらい…

ということで小腹を満たした後は、
パンフレットのタイムテーブルにある 16:00のカンパイというのが
気になったので再びイベント会場へ…16時の5分前くらいに
コスプレ大会の司会の人のアナウンスがあった後にスタッフの人達が
紙コップにジュースを入れて会場の皆に配りだして…→本当に乾杯をした!!
乾杯で締める即売会は初めてでした。

その後の事後集会も時間がある人はどうぞとのアナウンスがあったので
サンシャインクリエイションの反省会みたいなものかなと思っていってみると
→そんなことはなく、交流会みたいな感じで先ずは皆で自己紹介…
皆面白い人や面白いネタがある人ばかりで自己紹介とそこから派生する話題だけで
集会の殆どの時間を使うという和気藹々とした集会でした。
その他BLのカップリングを考慮した配置の仕方についてとか
地方の即売会でラミカが増えて本を出す人が少なくなる傾向についてとか
カメラ撮影などの要注意人物の扱いとかの真面目な話から、とても口外できない
ネタまで色々と聞けて、非常に楽しかったです。

集会の後は、打ち上げに行きますとか言っていたものの、
おつかれさまでしたの後のどさくさでスタッフの方々と生き別れに
なってしまったので、仕方なく適当な居酒屋で夕食をして
その他特に何もすることなくホテルへ帰ってその日は終了。


●日常までの帰路と個人的な夏コミ4日目
イベントの翌日は、高知付近で色々やってから飛行機で出発。
110830_15.jpg 110830_16.jpg 
高知は坂本龍馬が有名ですが空港にまで名前を付けなくても…

そんでもって本州に帰ってきた後は
110830_17.jpg
秋葉原でお買い物。
夏コミ新刊の店頭委託でいいものがないか探す夏コミ4日目を
1人で堪能した後は、
110830_19.jpg
18きっぷを東京からの片道だけで使ってしまうのは勿体無いので
高速バスを使って西那須野駅へ帰着。ただいま日常。



【今回の行程】
8/26
西那須野(19:42発)
 →宇都宮(20:21着、20:38発)
 →上野(22:11着)
 →東京(23:10発)
 →

8/27
→大垣(5:53着、5:58発)
 →米原(6:32着、6:34発)
 →相生(9:29発、9:35発※1)
 →岡山(10:38着、10:53発)
 →高松(11:49着、昼食休憩、13:13発)
 →多度津(13:44着、13:59発)
 →阿波池田(15:09着、15:55発)
 →高知(18:43着)

8/28
高知市内で飲み食いやイベント…

8/29
朝は尾長鳥を見に行ったり、路面電車でぶらぶら…

はりまや橋(11:08発※2)
 →[空港連絡バス]→高知龍馬空港(11:35着※3、 13:00頃発)
 →[ANA 566便]→羽田空港(14:20頃着、14:42発)
 →[東京モノレール]→浜松町(15:02着)→秋葉原(休憩・買い物)
 →代々木→[[徒歩1分]]→JR高速バス新宿駅新南口乗り場※4(18:30発)
 →[高速バス]→西那須野駅(21:35着※5)

※1 定刻9:33発だが、乗り換えの大人数の移動と
   階段ダッシュの混雑でこれより2分遅れで発。

※2 定刻は11:05発だが、バスが遅れて到着したので遅れて発。
※3 定刻は11:40着だが、なぜか早く着いた。

※4 新宿駅新南口乗り場がいつのまにか代々木駅の隣に移転してた
   新宿から徒歩8分・代々木駅から徒歩1分なのに
   新宿駅新南口乗り場という言い方をするのは釈然としない…
   110830_20.jpg

※5 定刻は21:05着だが、都内一般道での進みが悪く遅れて着。

まさの夏休み(2011年版)

夏休みのお出掛けは
夏コミ(C80)とベビプリ映画と領土復興遠征・栃木公演でした。


●夏コミ(2日目)
例によって例の如く連日連夜の残業のおかけで
サークルチェックや交通手段の確認ができていないので
夜遅くというか朝早くというかそんな時間まで調べ物…
それでも終わらないので最終手段として
新幹線で出発して、その中でサークルチェックを済ませる。
110815_01.jpg

上野で降りて、秋葉原駅で荷物を預けて、東京からバス
→夏コミ会場着は11:10頃。
110815_02.jpg
開場から結構経っても会場に入っていく人の波が衰えていないようで、
東館方面に行く途中で完全に流れが止まるほどでした。
この日は東方とデジタルその他(同人音楽やサンホラ)が目当てなので、
少女病→サンホラ島→東方壁→ひじりん島→ゆかりん島→ゆゆ様島
→東方のネタ系や評論系の島の順に見てまわり、
それを回りきれた所で予算オーバーのため撤退しました。
110815_06.jpg

↓主な出来事↓
・少女病のスペースに長蛇の列が…オワタ…と絶望してみたが
よく見てみると隣の上海アリス幻楽団(東方の原作者)の列だった。
ニコ動で見た神主と呼ばれる人も居たような気がする。
・サンホラ島では瀟洒なメイドの咲夜さんが買い物してる…
あと東方島では仮面の男ABYSSがうろついている…とジャンル横断的な
光景が見られるのもコミケならではだなと感心。
・異国からの参加者もちらほら見かけた。チルノの女装コスだったり
「元気玉作れます」と書かれたTシャツを着てドヤ顔していたりと
楽しんでいるようだ。
・国際展示場駅前のサンクスでは、近年よく見るフランクフルト販売の
ほかに一番くじやフランスドッグや痛茶の野外販売をしていた。
サンクスは一般向けの店だったはずなのにどんどん毒されているようだ。
110815_03.jpg 110815_04.jpg 110815_05.jpg


●ベイビープリンセスの映画
夕方からは宿にチェックインして昼寝で体力回復をしてから
新宿にて映画鑑賞→「BABY PRINCESS 3Dぱらだいす0」
110815_07.jpg
あの電撃G'sマガジンの読者参加企画と日々webで更新している日記で
細々とやってきたベビプリが3Dアニメ化!!遂に俺達の時代がキター!
と期待に胸を膨らませて見に行ったのですが、うーむ…といった感じ。
19人の中で最初に登場したのがみは姉で内心イヤッホしたり
ストーリーは日記や雑誌で後日談が語られてもおかしくないような
出来事であったりといいところは結構あるのですが、
露骨であざとい微エロ描写が多すぎで正直ひいた。個人的には残念すぎる。
それにわざわざ3Dにする必要があったのかと小一時間問い詰めたい。
楽しみにしていたので前評判などは一切見ない/調べないで行ったので
かつてのHAPPYLESSONのアニメ(初期)やドラマCDのように、
露骨なラブストーリー的展開やあざとい微エロ描写無しでも勝負できる
家族アニメになっているといいなぁと期待していたんですがね。
まぁそういうのは次の日に買いまくる同人誌に期待するとして
宿の近くのラーメン屋のチャーシュー丼と酒で腹を満たしてこの日は終了。
110815_08.jpg


●夏コミ3日目
聖戦の日。
R-18的なものや、創作、評論・情報、鉄道・旅行、メカ・ミリタリーなど
男性が欲しがるジャンルが多く集まる日になりました。

普段は宿のチェックアウトぎりぎりまで
睡眠と身支度をしている私もこの日ばかりは9:30に宿を出発。
→会場着10:30 ……結局出遅れorz。
今回は宇都宮でやるライブに間に合うよう会場を出ないといけなかったので
ベビプリ島→おとボク島→個人的なお気に入りを見回った所でタイムアウト。
110815_09.jpg
評論・情報・鉄道・旅行の島を見て回れないのが悔しい…
よく考えてみると自分の気に入っているアニメや作品の島を見て回るだけでは
オンリーイベントに行ったのと大して変わりないではないか!!
と憤ったりもしましたが、SoundHorizonライブと夏コミ3日目フル参加のうち
どっちかを選ばなければならなかったんだから来れただけでも立派…と
自分を必死に説得して新幹線で宇都宮に向かったのでありました。



●領土復興遠征・栃木公演
遂にこの日がやってきました。
SoundHorizonが栃木県を領土にしにやってくる日が!!

新幹線を降りて改札を出るといかにも国民といった感じの
オーラやお召し物をした人達が彼方此方に散見されます。
オルタンス/ヴィオレッタ色のゴスロリ服を着た集団が
餃子の店に入っていったり、餃子の像の前に国民がたむろしている
不思議なというか異様な光景は ライブを宇都宮でやる という
実感を与えてくれて胸が熱くなりますな。
110815_10.jpg

↓以下チラシの裏(ライブの思い出)↓

・オープニングで井戸の中からエリーゼを抱いた
純正のメルヒェン氏が登場で大歓声!!イヤッホゥゥゥ!!
その後6女神の青い人と黄色い人、エリーザベトさん、継子、
そして…純正の 仮面の男ABYSSがセンターに登場でさらに大歓声!!
栃木に神・光・臨・キタコレ!!
地元の公演で好きなキャラが完全体で登場するなんて素晴らしい!!
まわりの席の人達も同様らしく、オープニングのReviveから凄い声がでてました。
 ↓
・「宵闇の唄」
 …純正のメルヒェン氏と仮面の男の登場で最初からクライマックスな
 テンションがさらに加速。夏コミの疲れや足の痛みが精神状態で無効化され
 復讐は罪が故に…や第九のコーラスもばっちりと歌えました。
 この曲では仮面の男以外の歌姫が復讐パートの仮面をつけて登場していて
 エリーゼのパートを4人で分担して歌いだしたのはケッキリキー肌もんでした。
 ↓
・「エルの絵本 -笛吹き男とパレード-」
 …仮面の男が全部1人で歌ってました。本物だぁ…
 ↓
・MC
 …メルヒェン氏の「当店はおすべり自由…すべり放題でございます…」
  という言い方が面白かった。
 ↓
・「緋色の花」
・「この狭い鳥籠の中で」
・「生と死を別つ境界の古井戸」
 …ホレおばさんの役をエリーザベトさんがやっていて継子が
  「あなたは私を生んでくれた…に良く似た…」とか言っていた…
   まさか!?
 ↓
・「磔刑の聖女」
 …この娘を磔にしろ!殿下!…のあとのメルヒェンの芝居が
  映像ではなく生の芝居になっていて感激。
 ↓
・「暁光の唄」
・「Player」
 ↓
・革命先生の連載小説
 …場面は黒狐亭になっていました。
  新潟公演でエロマンガ島が選択された後に一体何が…?
 ↓
・「じまんぐの世界」
・「海の魔女」
・「うつくしきもの」
・「ハジマリのクロニクル」
・「珊瑚の城」
・「奴隷市場」
 ↓
・陛下登場
 ↓
・「終端の王と異世界の騎士」
 ↓
・MC
 …ベースのあっちゃんの紹介のときの冥王のラーララーラが
  何時の間にかコスモポリタンナポリタンのラーラーラララララ
  になったのにワラタ
 ↓
・「即ち…星間超トンネル」
 …陛下が途中で足をつって座り込んだ(д)゜゜...
 ↓
・国歌
 ↓
・陛下のMC
…「他人のSoundHorizonを馬鹿にするな!」という、
  まるでガタケットで聞くようなお言葉を戴きました。
  SoundHorizonの曲・物語や王国設定の解釈は人によるので
  同人界隈で言う妄想とか二次設定とかカップリングというもの
  に通じるものがあるのでせう…。

ってな感じで、見事に栃木県はSound Horizon Kingdomの領土になりました。
大好きなアーティストのライブが地元にやってくるってのは
本当にテンションが高くなりますね…最高でした。
ただし、ライブの後は疲れきって宿のチェックアウトの
時間ぎりぎりまで眠り続けることになりましたが…


【今回の行程】
8/13
那須塩原(8:59発)
 →[新幹線・やまびこ]上野(10:02着)
 →以下、都内で夏コミや映画鑑賞、都内泊

8/14
夏コミ3日目
 →上野(14:46発)
 →[新幹線・やまびこ]→宇都宮(15:29着)
 →ライブ、宇都宮泊

8/15
→宇都宮(10:13発)
 →[新幹線・やまびこ]→那須塩原(10:29着)

ムーンライト信州としなの鉄道で行く 上田市・Cosmo Comic

日付が変わってしまいましたが、8/6~8/7の話。
今回のお出掛けは、車中泊のみで行って来た長野県・
上田市の同人誌即売会「Cosmo Comic」であります。

チラシやネットや人伝いの情報を整理してみると
長野県には同人誌即売会の数が多い。
↓のCOMIC FACTORY様のところのサイトのコンテンツを参考にさせてもらうと
http://www5.plala.or.jp/comicfactory/
2011年はオンリーイベントも含めて12種計15回。
基本的におでかけライブと年1ペースで発生してた東方オンリー以外に
同人誌即売会が無い我らが栃木県とは大違いです。

そういうわけで長野には去年の御射宮司祭以外でも行って見たいなぁ
とは思っていまして、今回ようやく18きっぷが使える日と日程が被ったので
ムーンライト信州で長野へ向かったのでありました。
110809_01_L.jpg


●上田市への道のり
ムーンライト信州は松本駅に定刻どおり無事到着。
110809_03.jpg
時刻は4:32頃…未だ空が暗い。
ここから目的地へ向かう汽車が出るのが早くても6:20なので
約2時間ここで朝食・風呂・時間潰しをしなければなりません。
しかし、駅前で朝早くからやってる店は松屋とマックとコンビニだけで
時間潰しは難しいので前もって目を付けていた温泉へ歩いていくことに…
110809_05.jpg
松本駅から徒歩で行くこと約15~20分(ただし途中で24H営業の
ファミレスで朝食をとったので時間はもっとかかりましたが…)。
「瑞祥 松本館」なる温泉が朝の6時からやってました。
朝風呂は500円、+貸しタオルが200円で朝からやってる割には安い。
湯も設備も綺麗で、朝からなのに人大杉で落ち着かないこと以外は
いいお湯で目覚めスッキリになれました。

そんな感じで温泉でゆっくりしてから松本駅を8:05発。
JR篠ノ井線で篠ノ井まで行ってから、
110809_07.jpg
しなの鉄道に乗り換えて→無事に上田に到着。
→汽車を降りて目に入ってきたのは
110809_10.jpg
2次元系の歴女や戦国乙女と呼ばれるような方々を狙ったような看板…
上田市は真田一族と縁がある地域らしく
戦国BASARAの真田さん押しなポスターや看板があったり
あとサマーウォーズの舞台になっているということもあって
そういう看板やPOPも立ってました…。
110809_11.jpg 110809_12.jpg


●同人誌即売会「Cosmo Comic」
駅からバスで往くこと約5~7分、
(↑暑いのがつらいのでバスで移動した)
バスを降りてすぐ目の前、「信州にプロバスケを!!」という
主張を掲げた旗が飾られている いかにも市町村の施設的なふいんきの
建物の3階が今回の同人誌即売会の会場でした。
110809_13.jpg 110809_14.jpg
・開始5分前で一般待機列は20人くらい。男女比は1:4くらい。
 ただし、話しぶりや大きい荷物をもっていることからして
 地元の男性参加者は女友達に連れてこられたコスプレ参加っぽい…
・即売会は定刻どおりに始まったはいいが、一般参加者の7~8割が
 コスプレ参加の受付に一直線…というのは都会以外のイベントでは
 偶に聞いたり・目にする光景ではあるが此処もそうだった。
・サークル参加の男女比はかなり女性に偏っている。
 参加サークルが約40でその中で男性の方は1人だけ…。
・出展ジャンルはヘタリア、イナイレが強い印象。
 明らかなに男性向けなジャンルは 強いて言えば ボカロくらい…
 このイベントでは東方projectものは全くといっていいほど見なかった。
 ※超個人的にはサンホラものを出してるサークルが3サークルも
 あったことに感激でした。約40サークルのうちの3サークル=7.5%
 →絶対数としては少ないですが、他のイベントに比べて割合が多いです。
 また、チラシ置き場には9/18に今回と同じ会場でやるサンホラオンリーの
 告知兼申込書が置いてました。ライブツアーの追加公演の翌日かぁ…熱いな!
・12:50頃から(パンフには12:30とあったけど…)
 他のイベントの宣伝コーナーがあり、9月に長野市でやる「七味」
 11月に松本市でやる「メガマニアック」、2月にやるイベント(名前は失念orz)
 のスタッフやスタッフ代理と思しき方々がステージに上がって宣伝してた。
 ※あれ?来月同じ会場でやるはずのサンホラオンリーの宣伝が無いよ…
・このイベントではイラストボードオークションがあり、
 事前にコスプレスペースに飾っていたものを見ると大体40くらい出品がある。
フルカラーで気合が入ったものが多く感心。
 ※サンホラジャンルでは、ニカ様の色紙やμ・φの色紙が出ていて
 若い人達に混ざって気合を入れて参加したはずなのですが→
ここで小銭が800円分しかないというアクシデント発生orz。
 競り落として小銭を使い切ってしまえば帰りのバスで万札しかないという
 状況になってしまう っつーことで心の中でミーシャを見つけたときの 
 エレフの如き叫び声を挙げて断念したのでした…哀れ…
・↑そんな感じのイベントで、客観的に見ると即売会・コスプレ以外に
 企画があり結構盛り上がっていて悪くないイベントだったのですが、
 喪毒男ぼっちローランから見ると男性の少なさが厳しい。
 ※凄まじい主観ですが、地元民らしくないオーラを放つ私と同じ感じの
 ぼっち参加者の方は途中で退散してるし、地元民らしい男性には
 なんでここにいるんだろうと呟いている人もいるわ、積極的に色々な人と
 話してる人は居るけどイベント宣伝してた人たちと親しげだったり
 他県のイベント事情について語っていて素人らしくないわで
 「本が欲しい・グッズが欲しい・同じ趣味の仲間はいるだろうか?」という
 純粋な動機で来てそのまま居続ける男性の一般参加者が少ないなぁと感じました。
 新幹線で東京日帰りできる地なので 栃木と同じでみんな東京行くのかなぁ??
110809_15_L.jpg 110809_16.jpg


●西那須野への帰り道
帰りのバスの時間の都合(←暑いから徒歩は嫌でした)
食事・観光もしたいこともありイベントからは途中で撤退。
狙っていた蕎麦屋が定休日だったり、上田城址公園に行こうとして
道に迷っていたりしたら帰りの しなの鉄道に乗り遅れたので
上田から新幹線で軽井沢まで…
110809_17.jpg 110809_18.jpg
この上田-軽井沢間の新幹線の料金なのですが
上田-軽井沢のきっぷを直接買うと乗車券740+特急券1790=2530円、
上田-佐久平・佐久平-軽井沢の様に切符を分割して買うと
(乗車券400+特急券840)+(乗車券320+特急券840)= 2400円となり、
切符を分割して購入すると一寸だけ安くなるという謎仕様でした。
※ちなみに改札ですが、軽井沢の自動改札機にで分割して買った
 2枚の切符を一緒に入れたらすんなり通れましたよ。

軽井沢からはバスでJR横川駅まで、
110809_19.jpg 110809_20.jpg
横川駅では「峠の釜めし」という看板や旗が彼方此方目に付いたので
→この日の夕食は峠の釜めしに決定。
高崎から大宮に行くときの快速アーバンのグリーン席の中で食べてみる。
110809_21_L.jpg 110809_22_L.jpg
ムッティ…この駅弁…暖かいね。
そして容器がプラスチックじゃなくて本物の陶器だ!!
しかも食べた後の容器でご飯が炊けるらしいぞ!!マジで?! 
→900円は高いかなと思ったけど納得。
という感じで峠の釜めしに感激して空腹を満たしているうちに大宮着。
その後はほぼいつもどおりの経路で西那須野に帰ってきたのでした。 糸冬


【今回の行程】
8/6
西那須野(20:03発)
 →宇都宮(20:43着、20:49発)
 →大宮(22:07着、22:10発)
 →新宿(22:42着、食事や飲物調達、23:54発)
 →

8/7
→松本(4:32着、朝食や温泉、8:05発)
 →篠ノ井(9:04着、9:28発)
 →[しなの鉄道]→上田(9:56着、イベントなど、16:03発)
 →[新幹線]→軽井沢(16:24着、16:40発)
 →[バス]→横川(17:17頃着※1、17:34頃発※2)
 →高崎(18:18頃着※2、18:36発)
 →大宮(19:43着、19:45発)
 →宇都宮(21:20着、21:32発)
 →西那須野(22:15頃着※3)

※1 一応定刻は17:14着。凄まじい暴風雷雨だったのと、
   通行止めだか渋滞だか知らないが迂回ルートを運転する
   とのことで若干遅れると言っていたがそんなに遅れてなかった。

※2 17:39発の汽車に乗る予定であったが、
   悪天候で遅れてやってきた1本前の汽車に乗った。

※3 定刻は22:12着だが、途中で信号確認とやらで急停車して遅れた。



【来週のまささんは?っというか今週末は??】
今週末は夏コミ!!
そして、Sound Horizonが宇都宮にやってくる!!イヤッホゥゥゥゥゥ!!
ついに栃木が…宇都宮がSound Horizon Kingdomの領土になるのですね!!
楽しみだなぁ

山梨かぁ…

今週のお出掛けは長野県でしたが、
その件については明日の日記に書くとして
この日記はちょっと山梨の話…


今日行ってきたイベントでちょっとしたきっかけがあって
家に帰ってきてから「山梨コミックチャレンジ」というイベントのサイトを
見に行ってみたんですが…ブログがね↓
http://anime.ap.teacup.com/moemusume/1.html
あまり状況が良くなくて12月で終了にするようなことを匂わせてますな。

去年の山梨でやった東方オンリーで存在を知って以来、
18きっぷが使える日とか面白い企画切符が出てる日とかと
開催日が被ったら行ってみようと狙っていたんですがね…

プロフィール

鶏のまさ

Author:鶏のまさ
・サークル「一匹鶏のアトリエ」の主
・サークル「喪男ローランズ」の発起人
・仕事のストレスを妄想や異常行動
 に変換する程度の能力の持ち主

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。