スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局今年の連休も (薄い本の即売会に行ったり…)×4したというお話

少々遅くなりましたが先週の4連休のお話。

この連休は
・5/3→薄い本の即売会(グルメコミックコンベンション)
・5/4→薄い本の即売会(八雲立つ 他)
・5/5→薄い本の即売会(コミティア)
・5/6→薄い本の即売会(鉄娘リレー号)+都内ぶらぶら
という日程でございました。


●5/3(金・祝)

1305 1 1305 2
先ずは新幹線と地下鉄銀座線で浅草へ移動。

続きを読む

スポンサーサイト

伊佐須美神社の鶏 と ADVENTURES in 会津50

約2週間前の4/28のお話。

この日の目的地は福島県の会津若松市と会津美里町。
・オールジャンル同人誌展示即売会「ADVENTURES in 会津50」に一般参加
・伊佐須美神社の鶏さん訪問
の2本立てのお出掛けでございました。

130428 1 130428 2
130428 3
先ずは黒磯駅から普通の汽車に乗って郡山駅に移動。郡山からは高速バスに乗って会津若松市を目指す。

130428 4 130428 5
バスの中ではに乗る前に調達しておいた薄皮饅頭をのんびり食べながら進む。甘い、お茶が欲しい。

続きを読む

2013年 5月連休の告知

社畜が苦行すぎて心身がちょっとあれになってる間に前日になってしまいましたが告知。

我々サークル「一匹鶏のアトリエ」は
・5/3の飲食総合同人オンリーイベント「グルメコミックコンベンション」
・5/5のCOMITIA104
にサークル参加致します。


グルメコミックコンベンションでは遠征関係の新刊(と言ってもいつもの18きっぷ旅行記ではネタにできなかった去年の北陸本専とComicStreamに行った件なので情報としては古め…)
130502 01

コミティアでは、にわとり関係の新刊コピ本と 鶏の既刊のフルカラーバージョン
130502 02
を出します。近くに来たら是非お立ち寄り下さい。
ただし、サークル主はいつもどおり社畜苦行のダメージで放心している可能性が高いですけど…

高知:長尾鶏センターとつるかめざっか18 (速報版)

3連休のお出掛けは高知県。
・南国市の長尾鶏センター見学
・高知市のイベント「つるかめざっか18」にサークル参加
でございました。

長尾鶏センターは1年半前にも行っているのですが、色々事情があってデジカメで写真を撮り直す必要があったので、高知でイベントがある時期を見計らって行ってきたのでありました。


●先ずは高知まで移動
130211 01 130211 02
金曜日の夜に那須塩原駅から新幹線に乗って出発。毎日の社蓄デイズのおかげでどうすれば安くなるかとか周遊きっぷにするべきかとかを考えている余裕が無かったので今回は普通にきっぷを購入。

130211 03 130211 04
そして東京からはサンライズ瀬戸に乗って眠りながら東海道線・山陽本線を進んで行って岡山で下車。南風1号に乗り換えて四国入り→土曜日朝の9:38に高知到着。早い!!もう着いたのか!!


●長尾鶏センター
130211 05
高知に着いたら路面電車に乗って南国市へ向かい、東工業前駅で下車して徒歩20分くらいの所にある長尾鶏センターを見学。ここでは高知県原産の特別天然記念物である土佐のオナガドリの飼育をしている。

130211 06 130211 07
オナガドリはその名のとおり尻尾が長くなるのが特徴のニワトリさんで、江戸時代あたりに突然変異で誕生したらしい。突然変異で誕生したことが原因かは不明だが、尻尾が長くなる特性は相当デリケートなようで、交配や卵の孵化から普段の生活(長い尻尾は1度抜けてしまうとそこからは2度と生えてこないので止め箱という箱で飼って尻尾が彼方此方に引っかからないようにしている)まで色々と苦労があるようである。

130211 08 DSC04867.jpg
また飼育の後継者の確保も難しいようで、この施設で案内してくれた人達も結構年がいった方だったし、最近オナガドリが高知新聞に載ったのをつるかめざっかの主催の方が確保して下さいましたがそこにも似たようなことが書いていました。


●高知大神宮
130211 09 130211 10
長尾鶏センターの後は高知市に戻って、高知大神宮を参拝。ここも1年半前にも来ていたが狛犬の代わりにあった鶏の像は未だに健在。

130211 11 130211 12
そして当時はピヨピヨであったであろう子も立派なコケコになっていた。時の流れは無常だ…


●つるかめざっか18
いつもの旅行であれば鶏orオタクスポット訪問をしてその日は終了→翌日のイベントに備えて寝る…というパターンであるが、高知のつるかめざっかというイベントはそうはいかない。
130211 15
なんと前の日から合宿(という名の宴会)があるのである。
下は参加者のお子さんと思しき○学生から上はコミケ参加暦33年の先生と呼ばれている方まで老若男女色んな人が約30人。激しく飲み食いをして色々と語る...
130211 13 130211 14
沢山のお酒(青森や富山や四国の色んなお酒)や鍋やかつおのたたきにゆゆこ様大感激!!の図




翌朝。案の定二日酔い気味で起床。
130211 16 130211 17
土佐の日曜市でいろいろと朝食になるものを買い食いしてから高知商工会館へ移動→同人誌メイン、その他いろいろ思いついたものでチャレンジしてもらう大人の文化祭「つるかめざっか」にサークル参加。
130211 18 130211 19
130211 20 130211 21
参加サークルは80サークルくらいで通常の同人即売会のように、本やグッズの頒布をしているところが多め(ジャンルは創作・評論情報系等の1次創作からマンガ・アニメ・東方・ボカロ等の2次創作、特撮等生ものまで色々...酔っていて各ジャンルの勢力構成は覚えていない)だが、大人の文化祭という名の通りにカレー・たこ焼き・鍋・そうめん・ポンジュースが出る蛇口・生ビールサーバ・ケーキ・果物・プリンなどの飲食物を頒布している所やミニ四駆を走らせていたり、オタク学概論?萌考古学?(←酔っていてタイトル失念)の講義を開いていたりと普通の同人誌即売会ではお目にかかれない光景が見られた。


そして、17:30ころに即売会は自然終了。その後待っていたものは
130211 23 130211 24
事後飲み会…またも宴会であった。
前の日から飲み続け食べ続けでゆゆこ様大感激なイベントでありました。


●帰り道
久々に飲みすぎてイベントの後は即就寝。
130211 25 130211 26
翌日は午前中出発の飛行機で関東に戻り、普通列車で爆睡しながら那須塩原に帰着。


そんな感じの充実した3連休でございました。
行程の詳細や食べ物ネタはまた後日、ニコニコ動画版にて...(多分半月後くらい?)


【今回の行程】※断りが無いものはJRの普通・快速
2月8日(金)
那須塩原(19:11発)
 →[新幹線・なすの280号]→ 上野(20:16頃着 ※1)
 → 神田(夕食) → 東京(22:00発)
→[寝台特急・サンライズ瀬戸]→

2月9日(土)
 → 岡山(6:33着 ※2、7:08発)
 →[特急・南風1号]→ 高知(9:38着)
・南国市、高知市観光
・つるかめざっか18事前合宿に参加

2月10日(日)
・つるかめざっか18にサークル参加
・高知市内のホテルに宿泊

2月11日(月・祝)
 はりまや橋バス停(8:54頃発)
 →[空港連絡バス]→ 高知龍馬空港(10:30発)
 →[ANA 564便]→ 羽田空港第2ビル(11:41着 ※3、12:17発)
 →[東京モノレール]→ 浜松町(12:37着)
 → 上野(13:20発) → 那須塩原(16:07着)

※1 定刻は20:14着だが上野駅の少し前で停止信号があって遅れた。
※2 定刻は6:27着だが東海道線内貨物列車の遅れの影響で遅れた。
※3 定刻は11:45着。早く着いたが、着いてから飛行機から降りるまで、そして
  預けていた荷物を回収するまでに時間がかかり自由になったのは12:00頃。

青春18きっぷで行く山梨コミックチャレンジと武田神社のにわとり(速報版)

先週末、12/15~16の話。

121217 01
ようやく冬の18きっぷが使えるようになったので今回は山梨県甲府市の「第19回 山梨コミックチャレンジ」というイベントに一般参加してきました。このイベントの存在は 屋外…しかも神社で開かれた伝説の東方オンリーイベント・凱風快晴 ~フジヤマヴォルケイノ~ の時に耳していて、いつか行こうと思っていたけどあれから2年も経ってしまった。


土曜日の朝。
121217 02
18きっぷだからもちろん普通の汽車で出発。先ずは東北本線と湘南新宿ラインを乗り継いで池袋で下車。

121217 03 121217 04
サンシャインシティでやっていたボーカロイドオンリーイベント「THE VOC@LOiD M@STER 23」に寄り道。

121217 05
会場をぶらぶらしてみると、ボーカロイドオンリーイベントと銘打って入るが、普通の同人誌即売会のようなファンサークルや2次創作マンガ/グッズの類を出しているところはスペースの半分くらいで、もう半分は音楽CDを出しているサークルであった。 音楽CDだと視聴してみないと…しかしイベント開始直後で人大杉でそれがままならん、ということで音楽CDの戦利品は無し。


121217 06
今後の旅程のことも考えてボーカロイドマスターからは早めに撤退して、今度は東京駅から中央線で出発。

121217 07 121217 08
立川駅から松本行きの汽車に乗り換えられたのですんなりと甲府に到着。
甲府駅周辺で晩御飯を食べてから近くのホテルに宿泊してこの日は終了。



次の日の朝。

121217 09
甲府駅からバスで約30分(460円)というやや遠いところにあるアイメッセ山梨にやってきた。

121217 10
目的は冒頭で述べたように「第19回 山梨コミックチャレンジ」に一般参加。

121217 11
・イベントは11:00~だが、午前中のうちに甲府駅から出るバスは9:00と11:25しかないので9:00のバスで出発→会場着9:30頃という事態。会場についてから約1時間半の暇つぶしが必要になった
・イベント開始直前の時点で待機列が約80~90人。男女比は1:9で圧倒的に女性が多い。…とここまではよくある大都会以外の即売会の光景ではあるが、今回のイベントでの驚きの点は、その待機列に並ぶ人の約8割くらいの人が既にコスプレ完了しているということ←ホールとは別室にコスプレ更衣室を用意していてイベント開始前から使えるようになっているようで大抵の人がコスプレ完了してから待機列に並んでたが、隣のホールでやっている一般人向けのフリマや骨董市に来ている一般人の目が痛いorz。イベント開始直前まで他人の振りをしてしまった。
・直接参加サークル30サークルくらい。黒バスやイナイレなど女性に人気があるジャンルが多い(1サークルで複数ジャンル掛け持ちしているところが多いので割合の算出は困難)。しかしそんな中で、ドールの写真集やオリジナルの動物のアクセサリなど珍しいものを出しているサークルもあった。
・会場内には食べ物の屋台やアニメグッズの販売スペースがあった。…売っているグッズはけいおんや東方など比較的新しいものからシスプリ、こみっくパーティーのグッズのように懐かしいもの、一昔前のアニメのセル画や台本など中野で売っているような感じのものまで色々売ってた。
・即売会のほかには、イベントやサークルのCMタイムがあったり、じゃんけん大会があったようである(←パンフレットに「炎のじゃんけん大会」書いてあったがバスと汽車の都合で早めに撤退したので実際どんなんだったかは不明)
・その他このイベントの独特なところは「地元のスーパーマーケット・オギノの商品券でサークル参加費の支払いができる」ということ!!
121217 12

121217 13
パンフレットに書いてある文章を見たときは我が目を疑ったがどうやら本当のご様子。しかも「オギノ商品券でのサークル申込数が全体の35%」って…オギノとは一体どんなスーパーなのだらう?? と大きな謎を残しつつ薄い本とグッズをゲットしてきたのでありました。



帰りのバスと汽車の時間の都合もあってイベントからは早めに撤退。

121217 14
少々時間があったので、2年前にも鶏の取材に来た武田神社にもう一度行ってみた。
121217 15
鳥居をくぐって先に進むと其処に第1にわとりさんを発見。が、
121217 16 121217 17

今回も2年前と同じように心無い子供達がにわとりを追い回してしまい、小屋の中や木の上に隠れて出てきてくれなくなってしまったのでありましたorz。もう一度来ないとな…
プロフィール

鶏のまさ

Author:鶏のまさ
・サークル「一匹鶏のアトリエ」の主
・サークル「喪男ローランズ」の発起人
・仕事のストレスを妄想や異常行動
 に変換する程度の能力の持ち主

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。